So-net無料ブログ作成

制度を変更するのに個人を攻撃する必要は、本当にないのか。原発・いじめにおける「規制する立場の人の不作為」について。の一時削除について。 [文学中年的、考えすぎ的、]

※一部新聞で、「加害者家族に警察OBという情報は誤りである」と報道されています。
ので、事実関係が明らかになるまで前回ブログを削除します。

本来被害生徒を保護すべき公的立場にある学校・教育委員会・警察が、加害者側と一体になることに対する批判と、そうした公的立場にある「不作為をもっていじめを放置した」個人は実名をもって責任追及されるべきである。という論旨については今も考えは変わりませんが、加害生徒家族に警察関係者がいないとすれば、「栃木リンチ事件に近い構造」とした部分は誤りでした。

前回ブログにも書いた、加害生徒本人を実名で攻撃すること=私刑には反対であるのと同様、無関係な個人が匿名で攻撃されることにももちろん反対です。

今回、事件が明るみに出てから、警察が、学校や教育委員会を捜査追及する姿勢を急に強めたことが、「自分たちは悪くない、学校や教育委員会のように及び腰なわけではない」という姿勢をアピールするためではなく、正しい使命感からであることを望みます。そのことを明らかにするためにも、(加害生徒の身内がOBにいなかったとしたらなおさら)、度重なる被害者父親からの告発を警察が受理しなかった点については、その経緯理由を明らかにすることを望みます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0